ホーム > タグ > 仏蘭西

仏蘭西

Côte&Ciel ISAR RUCKSACK Evernote

前から欲しかったISAR。電車通勤から徒歩通勤になったのを機に購入。オリジナルは正規代理店はもとより、並行輸入業者も欠品中のところが多かったため、Evernoteバージョンを購入した。

日曜日の夜に発注、火曜日の昼には着荷という素晴らしい仕事っぷり。

 

20140610-233816-85096713.jpg

開梱

 

20140610-233817-85097419.jpg

思ったより小さめ

 

 

20140610-233819-85099032.jpg

全体

 

20140610-233819-85099833.jpg

Laptop Messenger 15インチ (Grey Melange) との比較。Evernote ISARのボディーは標準色?で言うとBlack Melangeと同じようだ。

BAM 2002XL Review

“BAM 2002XL”のキーワードでトラフィックが結構あるので、前に購入した2002XLを軽くレビューしてみる。

20120206-164755.jpg
BAMの2002XL、正式名称 “Hightech Contoured 2002XL” には前期型?と後期型?があるようで、購入したのは後者である。前期型にはBlack carbon(ドライカーボン風味)、Tweed(シルバー)、Black lazure(Black carbonとTweedの間の子のような色) といったカラーがあり、後期型は購入したAzure Blue、Anise(アニス)がある。

前期型と後期型の大きな違いは、下記の写真にあるように、縦型に持つ際に使用できる脱着可能な持ち手と、床に接する部分に足があることだ。

持ち手
20120206-170102.jpg

20120206-164821.jpg
主に車で移動するのであれば、たいしたことないように思われるが、電車やバス等を主な移動手段としている人にとって、これらの有無は大きな違いだ。リックサック型に背負えるストラップ等は前期型の2002xlと差が無いので割愛するが、電車やバスの中でケースを背負うのは厳しく、そのため肩から常時ストラップで吊るしておく必要がある。しかし、縦型持ちを補助してくれるこれらによって、満員電車等の過酷な環境でも比較的周囲の人に迷惑をかける事無く楽器を運搬することができる。

若干気になったのは、留め具の部分である。おそらく前後期関係なく同じ部材が使われていると思われるが、留め具のレバーの動作がかなり軽く、ちょっとした事でオープン状態になってしまうことがあった。留め具は上部と下部に2つ付いているので、両方の留め具が同時に開いてしまうことは無いとは思うが、少々不安であるため、スーツケースにつけるバンド的なものを使い、蓋が開かないようにしようと思っている。(実際、2002xlの横持ちハンドル部分にベルクロのバンドを通している人を見たことがある。)
20120206-164828.jpg

内部構造は前後期ほとんど変わっていないようだが、上蓋が前期型の場合全開になってしまうのに対し、後期型は全開にならず、90度の位置で止まるようになっている。小物入れがベルクロで脱着可能になっているのは非常に良い。練習の際にケースだけ別の場所に置き、小物入れは自分の近くに置くといった使い方が可能である。
20120206-164834.jpg

BAM 2002XL

BAM 2002XL Reviewにて2002XLのレビューをしています

BAMのバイオリンケース、”2002XL Contoured Hightech”を手に入れた。

街中の楽器屋で84,000円、ネット通販の安いところでも7万円台中盤という国内では高級なケースだけど、Amazon.comにも出店しているRozanna’s Violinsが探した中では最安で販売していたので、オーダーしてみた。Rozanna’s ViolinsのECサイトはWordPressのショッピングカートプラグインで作られているようで、何も迷うことなく進められた。(ECには疎いので、間違ってるかも・・・・) 支払いはクレジットカードとPayPalの二種類が選択できたためPayPalでサクッと決済し、オーダー完了。

Items: $464.00
Shipping: $50.00
Tax: $0.00
TOTAL: $514.00(決済時レートで40,466円)

Shipping方法は何も選択していなかったが、$50もチャージされてるおかげかEMSで送られてきた。JPのEMSのページからトラッキング。

状態
発生日
状態 詳細 取扱店名 県名等
郵便番号
9月1日
13:12
引受 02115 USA
9月2日
4:51
国際交換支店に到着 AMC JFK NY USA
9月2日
5:21
国際交換支店から発送 AMC JFK NY USA
9月3日
21:59
国際交換支店に到着
東京国際支店
東京都
138-8799
9月4日
4:30
通関手続中
東京国際支店
東京都
138-8799
9月4日
10:18
通関手続中
東京国際支店
東京都
138-8799
9月7日
11:57
国際交換支店から発送
東京国際支店
東京都
138-8799
9月7日
15:42
通過 新東京支店 東京都
137-8799
9月8日
0:32
到着 * 東京都
168-8799
9月8日
9:16
お届け先にお届け済み * 東京都
168-8799

「通関手続中」が2回あるのは、2度目の検査に回ったらしい。日本についてから通関完了まで3日も要するとは・・・。無事にJPの方が朝一で届けて下さり、

関税     1600円
消費税     1100円
通関料     200円

を現金で払っておしまい。トータル43,366円也。

ラ・クロッシュ

おいしゅうございました。

MILLET OREGON W3 WDS JKT

3年着たミレーのハードシェルの傷みがひどいので、ソフトシェルを購入。

Home > タグ > 仏蘭西

Sponsored Links

Return to page top